不惑を前にして、思い切り惑う
ジュンノスケ、先日39歳になりました。
いつの間に、こんな年齢になってしまったんだろう?と、あっけにとられる気分です。
「不惑(ふわく)」という言葉があり、それは40歳のことを指しています。
あと1年たって、「惑わない人」になれるとは、とうてい思えません。
39歳としてやるべきことをやれていないと感じているからでしょうか。


このブログは、「童話と子育て」と銘打っていますが、ここのところ、童話の記事をまったく書いていません。
童話をまったく書けていないからです。
ここ1年、童話の賞にも応募していませんし、公募に落選した話をリメイクしてこのブログに載せることもできていません。
ときどき、話のイメージは頭に浮かんでくるのですが、それは線香花火のうす灯りに照らされた、もろい夢のように、浮かんではすぐに水面の底に沈んでしまうのです。
いま年中さんの長男が幼稚園にかよっている間に、僕が作話した本を幼稚園の本棚に入れてもらうことを人生の目標の一つとして掲げていましたが、その夢はいったん保留します。


そんな心境になる誕生日でしたが、
パパ39歳おめでとう♪
長男が、こんな素敵なプレゼントをくれました。
メガネの色が、笑福亭笑瓶さんぽいですが…


あと、長男が幼稚園の芋掘り会で掘り当ててきたサツマイモを使って、奥さんと長男がスイートポテトを作ってくれました♪
長男も、生地を混ぜたり、手で成型したり、レンジのボタンを押したりと、たくさんお手伝いしてくれました!
奥さん、長男、ありがとう♪
※写真がなくてスミマセン


長男に、僕が作話した童話の本を見せる夢、そして自己実現、その目標はとても遠くにあります。
ですが、想いをこめて誕生日を祝ってくれる奥さんと長男に囲まれて、それだけで幸せです。
だから、いつかまた夢に向かえる時期が来るのを、焦らずに待つことができます。
このブログも、子育てとその他の内容で、細々ですが続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[2015/11/09 00:00] 童話について | トラックバック(0) | コメント(1) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 5月末までの3つのチャレンジ
    5月末までに、3つの公募にチャレンジする予定です。


    ①高橋書店 第19回手帳大賞
    童話・児童文学ではないのですが、「手帳は高橋」でおなじみの高橋書店の公募、第19回手帳大賞では、選者をうならせる名言・格言を募集しています。
    先日、このような公募の存在を初めて知り、自分の思うところを短い言葉で表現してみます。
    ひとり何通でも応募できますが、WEBでのエントリーは無く、1枚のはがきにつき1つの名言・格言を書いて応募します。
    締切は3/31までですので、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


    ②第8回 文芸社えほん大賞
    こちらも今回初めて存在を知りました。
    この賞の大きな特徴は、作品の枚数制限が設けられていないことです。
    大賞受賞作はイラストレーターさんに絵をつけてもらって書籍化されます。
    内容によっては絵本ではなく物語として出版される、との記載もあります。
    つまり、「よい話を思いついたが、枚数制限のせいで一部カットせざるを得ず、それがたたって落選した」「よい話で、内容も申し分なかったが、絵本にしづらい要素が多くて落選した」などという保身のごまかしがきかないわけです。
    文芸社は、自費出版など、自分が書いたことを書籍化したいという願いを叶えてくれる間口の広い会社ということもあり、他の童話・児童文学の公募と比較して、選び方が少々異なる印象です。
    こちらは4/20が締め切りで、僕は話を大まかには考えました。
    間に合うか判りませんが、コツコツ書き進めていこうと思います。


    ③第46回JX-ENEOS童話賞
    僕が過去2回で6作品を応募してきましたが、いずれも落選した賞です。
    原稿用紙5枚以内という、その気になれば1~2時間程度で一旦は書き終えられる規定でありながら、大賞の賞金が100万円という「童話ドリーム」的な賞です。
    受賞した作品はすべて公募しているホームページから閲覧することができますが、読めば読むほど、どういう作品が賞に選ばれるのかがうまくつかめない、謎の賞という印象です。
    こちらはまだ話を考えていません。
    上記のえほん大賞を応募してから取りかかることにします。


    受賞めざして頑張ります!
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2015/03/25 00:00] 童話について | トラックバック(0) | コメント(2) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 第7回日本新薬こども文学賞 応募しました
    応募するとこの場で宣言してから、ちびちび書いたり削ったりを繰り返して、2月8日(日)に応募完了しました。


    内容は言えませんが、僕が最近強く思っていたことをメッセージとして強い言葉で、お話の中に混ぜこみました。
    とくに、書き始めた頃に、前回・前々回の記事で書いた悲しい事件に包まれたさなかでしたので、言葉はより強くなった気がします。


    日本新薬こども文学賞は今回で3回目の応募です。
    大賞受賞作は、20ページ弱の絵本となって、全国の医療機関等(僕の長男のかかりつけクリニックにも)の本棚に収まることになるわけですが、今回初めて、「20ページ弱の絵本となり得る程度の場面展開が盛り込まれているか」「医療機関等でパラパラとページをめくる子どもの目に、面白いと感じられるかどうか」ということを主眼にして書きました。
    「今まで、そんなことも考えずに書いてたのかよ」と言われそうですが、これまで書いてきたお話の中に潜む「独りよがり感」が、少しは削ぎ落せたかなと実感しています。


    いい結果がもたらされるよう、期待しています。
    このブログに掲載するお話、そして他の賞に応募するお話と、これからも並行して創作活動を続けていきます。
    できるだけ早く、次のお話をこの場で掲載したいと思っていますので、その際はよかったら読んでみて下さいね。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2015/02/09 00:00] 童話について | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • チャレンジの渦の中へ ふたたび
    昨年2014年5月締切の「JX-ENEOS童話賞」以降、童話の公募へ応募することを止めていました。
    1年間かけて連載の話を作ると宣言しましたが、それも遅々として進まず、今は過去に落選した童話を手直しして、このブログに掲載しようかと準備していましたが…


    また、公募へチャレンジしたい衝動が、ふつふつとわいてきました。
    毎回毎回、佳作にも入れずに10回以上打たれて打たれてを繰り返してきました。
    構想して、書いて消して、練り直して、また書いて消して、やっと応募しても、自分の名前が載っていないという冷めた結果をもって自分が落選したことを知る世界。
    それでもやっぱり、ぶつかっていきたいのです。
    落選することの怖さよりも、自分を護ったまま人生の時計が否応なく進んでいくことのほうが、怖いのです。


    ターゲットは、2月11日締切の「日本新薬こども文学賞」です。
    題材は、チャレンジしようと決めた瞬間に一瞬でひらめいた話です。
    それを原稿用紙6枚の中に、これから落とし込んでいきます。


    同じく公募にチャレンジしている皆さん、一緒にかんばりましょうね!
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2015/01/26 00:00] 童話について | トラックバック(0) | コメント(1) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 入賞と落選と
    JX-ENEOS童話賞の結果が公表されていまして、僕が応募した2編は、残念ながら落選でした。
    これでいよいよ、結果待ちの賞はゼロになり、童話の賞の応募に向けた作品づくりを開始してから2年間、結果としては一歩も進めなかったということです。


    しかし、スポーツ選手や国家公務員と違って、小説や漫画や童話や絵本や歌や演劇は、何歳からであっても、それ相応の門が、とても狭いものですが用意されています。
    自分なりに、やってみたいことがあるので、現在はその準備を少しずつ進めているところです。


    さて、そんな僕とは対照的な話。
    画家を生業の1つとしている奥さんのお父さん(義父)が、あるコンテストに絵を応募したと聞いて、大学の芸術学部出身の奥さんも、じゃあ私もと、1枚の絵を応募しました。


    先月のある日、奥さんのもとへ1本の電話が届きました。
    「ぼんち株式会社です。このたび、先日ご応募いただいた、第2回お父さんのがんこ顔イラストコンテストに見事入賞されました!」
    なんと、お義父さんをさしおいて、奥さんの応募した作品が、入賞してしまいました。
    そして、1週間ほど前から、ぼんち株式会社のホームページに掲載されている受賞作品がコチラ
    奥さんが描いた「がんこおやじ」
    ぼんち株式会社のホームページ(http://www.bonchicorp.co.jp/extra/ganko2014.php)に掲載された選評のコメント「がんこなんだけど、小さな口や、頭の形など、可愛らしさを感じてしまう表情ですね!」まさにその通りですね。
    ※ここへの掲載が著作権的にまずいようでしたら削除しますので、お詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい


    2年間、頭をぐしゃぐしゃして、一歩も先に進まない僕と、光るセンスで一発入賞を手に入れた奥さん。
    気持は複雑ですが、入賞の賞品として先日送られてきた
    がんこおやじコンテストの入賞賞品
    ダンボール箱いっぱいの「ぼんち製品2千円分」のお菓子の美味しさが、僕に向けて「いつか認められる日が来るよ、頑張りなよ」と肩を叩いてくれた気がします。


    どんな形であれ、いつの日か、僕のえがいた話が作品となって、誰かの心に届くことを信じて、今は準備していることを着々と進めていきます。


    このブログへ訪問して頂いている皆さんのブログへの訪問が鈍っていますが、もしよろしかったら「ジュンノスケって奴が、しぶとく何かやろうとしているな」程度で構いませんので、認識しておいてもらえると嬉しいです。
    これからも、よろしくお願いします!
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/10/19 16:40] 童話について | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | ホーム | 次のページ>>

    フリーエリアC

    ジュンノスケが時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR