スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言⑩ 誰から目線?
    先日、長男と二人で、一週間分の食糧を買いにオーケーというスーパーに行きました。
    二人でオーケーに行くのは、これで何度目かになります。


    いつもの例にならい、買い物かごに入れたニラや、はなかっぱのイラストが入った納豆のパックや、アンパンマンのカレー等、長男が気になるものを手渡しておいて、その間に僕がそそくさと買い物を進める、いつものパターンです。
    首尾よくレジを通過し、僕は買ったものを袋へ。


    そのとき、こちらに近づいてくる大きな声。
    声の主は、長男と同じか、少し年上くらいの男の子。
    何があったかは分かりませんが、ご両親がなだめても、いっこうに泣きやむ気配を見せません。
    その家族のほうをじーっと見つめる長男。徐々に眉間にシワがよります。
    そしてポツリと一言、


    「すっごくはずかしい」


    …まてまて長男!
    君だって、家の外でも「えすかれーたー、のりたかった~!」って、ギャンギャン泣くでしょう…
    しかも、子どもが泣くのを「恥ずかしい」と言うのは、その子の保護者だったり、学校の先生だったりで、他人が言うことでもないし…とにかく、長男の声はそのご家族には聞こえなかったので、安堵しました。


    「人の振り見て我が振り直せ」という言葉があるように、他の子が泣いている様子を恥ずかしいと思うなら、自分が泣くことに対して何か感じて、行動が変化したりして?と思う反面、まだ2歳なので、やりたいことが叶わないから泣くのは健全に育っている証なのかなとも思います。
    スポンサーサイト
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/31 07:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(4) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男のラグジュアリーなひととき
    ある日の長男。
    クッションを枕がわりに、ソファーの上に寝そべり、奥さんの旧携帯電話(充電の電池を抜いているもの)をパカっと開いて、メールを打つような仕草をしています。


    急にダラーとして、どうしたんだろうと奥さんが長男に「何してるの?」と聞いたところ、長男は「まま、きゅうけい」と言いました。


    どうやら、奥さんが家事の合間にソファーで横になっているのを真似しているようです。


    ↓まま、きゅうけい の真似
    mamakyuukei

    長男は顔立ちが奥さん似ということもありますが、長男の様子を見ていると、奥さんが横になっているイメージがくっきりと浮かび上がるほどの「真似上手」です。


    長男の観察眼を借りて、面白い童話に昇華できないかなと、僕は長男を観察する毎日です。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/30 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言⑨ 「むすんでひらいて」崩壊と思いきや…
    長男が乳児の頃から、奥さんが子守唄や童謡を歌い聞かせていた効果があってか、長男は音感もよく、歌詞も次々に覚えていきます。


    次々にとは言っても、さすがに何回か聞かないと歌詞は覚えません。
    覚えるまでは、音程だけとって、歌詞は「¢£%#§~」と、うやむやにしてとりあえず歌うか、自分の知っている単語に結びつけておいて、その後聞くたびに修正していくか、どちらかのルートで歌詞を覚えていきます。


    ある時、長男は童謡「むすんでひらいて」を覚え始めたようで、たどたどしく歌います。


    ♪むすんで ひらいて
    てをうって むすんで


    そのあと、本来の歌詞は


    ♪またひらいて てをうって


    なのですが、長男は


    ♪またひらいて おゆかけて


    と歌いました。
    「また」は「再び」の意味かと思いきや、長男の中では「股」になっていて、そこから自分がシャワーで洗われているシーンが浮かんだのか、「股ひらいてお湯かけて」に転がっていったのでしょうか。


    と、ここまで書いたところで、この文章を読んだ奥さんから、
    「チキンラーメンのCMで、新垣結衣さんが替え歌で『お湯かけて』って歌ってたと思うよ」との指摘が!


    僕が知らなかっただけ…
    だいたい書いてしまったので、そのまま載せてしまいますが、文章を書くには、やはりそれなりにリサーチが必要ですね。


    CMで聞いた通りに歌っただけなのに、「また」を「股」などと勝手に解釈してしまって、長男、ごめんよ~!
    反省…orz
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/28 06:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 悪ふざけ投稿の報道から考える その②
    ネットがPCだけでなく、スマホやタブレットなど、家から持ち出せるツールが登場したことによる手軽さや、仲間たちの誰もがつながっている緊密さが、世界とつながるネットの広大さを意識から薄れさせ、「仲間とつながるため」という限定された領域に敷かれた網であるかのような誤認が、ネットに関わる上で必要な自意識を奪ったのかも知れません。


    問題の悪ふざけ投稿は、小さな子どもではなく、成人前後の年齢層によるものが多いです。
    年齢的には大人前後であるその年代が相次いで起こしてしまうことを、もっと小さい子どもに起こさせないようにする―とても難しいことですね。


    「世界とつながっている」感覚が薄い、最近のネットに、幼い頃から触れる機会が出てきてしまう現在―保護者は細心の注意を払わなければなりません。
    「悪ふざけ投稿」が低年齢化しないことを切に願います。


    当事者たちは、そういう画像を投稿することで、周囲から声をかけられないと生きていけないくらい、苦しかったのでしょうか。孤独だったのでしょうか。


    それとも、「とにかく人生面白ければいい」という言い回しの中に含まれた「人に迷惑をかけない範囲内で」という但(ただ)し書きが、読み取れなかったのでしょうか。


    昭和であっても、平成であっても、ネットのない時代であっても、ネットがさらに多様化した時代であっても、「自分がこうしたら、後々には、こうなるであろう、こうなるかも知れない」という予見性、そして、起こしてしまった結果に対して責任をとる覚悟は、生きる上で必ず身につけなければなりませんね。


    僕も長男に対して、どれほどの言葉で伝えられるかは分かりませんが、自分がとった行動・言動の予見と責任について、何度も何度も対話して、一緒に考えていこうと思います。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/27 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 悪ふざけ投稿の報道から考える その①
    飲食店やコンビニで、店員が衛生上よろしくない行為、あるいは、客側や利用者側が倫理上よろしくない行為をし、その画像や動画の記事がネットで炎上、店が閉店やフランチャイズの解除に追い込まれる、逆に当事者が損害賠償を請求されるケース、または行為自体がすでに罰則の対象になっている等、いわゆる「悪ふざけ投稿の報道」が相次いでいます。


    当事者は、ニュースになって初めて「こんなことくらいで!?」と呆(ほう)けているのでしょうか。
    「自分は無敵だ」くらいに伸びきっていた鼻をへし折られ、年甲斐(としがい)もなく保護者に「どうしよう、どうしよう…」と泣きついているのでしょうか。


    問題の画像を投稿すれば、仲間が反応して返信してくれるかな程度の、一手先だけしか考えない行為は、まるで


    「とにかく多くの駒をひっくり返すことしか考えていないオセロ」や


    「相手の飛車を取りにいったら、逆に相手の角で自分の王を取られる将棋」のような拙(つたな)さを連想させます。


    当事者の保護者は、顔から火が出るくらい恥ずかしく、みじめな思いをしているのでしょうか。
    それとも「どいつが発端になって、息子の投稿を炎上させたんだ」と、筋違いな怒りに震えているのでしょうか。


    僕が子どもの頃は、スーパーマリオやドラクエ全盛期で、当然ネットなんていう代物(しろもの)はありません。
    大学を出て、親が買ったWindows98のPCで、ようやくネット初体験です。
    しかし、ダイヤルアップ接続でしたので、ネットにつないでいる間じゅう、ずっと通話料がかかります。
    よく知らずに何時間もつないでいたら、後日に何万も請求が来て、親から大目玉をくらいました。


    初めてどこかのネットの掲示板に書き込みをしたとき、「世界のどこかから、誰かが僕の文章を見ているかも知れない」と思うと、とても緊張しました。


    ネットがまだ普及していない当時にあっては「仲間とつながる」というより「世界のどこかとつながる」あるいは
    「世界のあちこちを見に行けるし、世界のあちこちから見られてしまう」という感覚がありました。


    今もその思いは根強く、ネットに記事を載せる、意見を発信する時は、言葉選びには気をつけ、人を不快にさせる意図で文章を書かないようにしよう等の、一定の配慮や緊張感は忘れないように心がけています。


    つづく
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/26 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • だいわはうす うーまんやる
    全国放送か分からないので、見られない方には恐縮なのですが、毎週水曜日の21:54から、日本テレビで「心に刻む風景」という数分の番組が放送されています。


    そこに出てくる映像の美しさ、素敵だな。
    というのは僕の感想で、長男は、この番組のBGMが流れ始めた瞬間に
    「だいわはうす」
    と言います。
    そして、数秒たつと、スポンサー企業として「Daiwa House」の文字とロゴが浮かび上がります。


    それから、清流のような音楽とともに印象的な風景の映像が流れるのですが、それをよそに長男は
    「うーまん、やる」
    と言います。
    そして、この数分の番組が終わると、22時からはドラマ「Woman」が始まります。


    一体、長男は何をキーにして「大和ハウス」と「Woman」を呼び起こすのでしょう。
    普段の素行は、ほかの2歳児のように多くのしつけが必要な、ごく標準な子なのですが、記憶力や、何かと何かをつなぐ思考能力は、もはや僕たちが見える範囲を超えつつあるような気がしています。
    長男が伸びていこうとする意欲をどう手助けしてあげられるか、僕たちがしっかり考えなければいけません。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/24 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言⑧ どれだけ見てるんだ…
    長男はよく、動物の名前などを羅列して、奥さんや僕が返事をするやりとりをしています。


    長男「ぞうさーん」
    奥さんか僕「ぱおーん」
    「らいおんさーん」
    「がおー」
    「うまさーん」
    「ひひーん」
    「きりんさーん」
    …キリンの鳴き声? 分からない時は、人のように「はーい」と返事をしてあげます。


    すぐに基本形に飽き足らなくなる長男。
    それを発展させた遊びを時々繰り広げています。
    その究極形が…


    長男「はるこさーん」
    僕「はーい」
    長男「みずぐちさーん」
    僕「はーい」(みずぐちって…?)
    長男「すずか ひろみさーん」
    僕「はーい」(ま、まさか…)
    そして最後に一言、

    「あいどるになりたい さーん」


    長男…あまちゃんに詳しすぎじゃねぇ?
    という、つっこみどころが発生しました。


    覚えたことを披露する中で、笑いまでとる長男。
    いいセンスです。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/23 07:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • リッチェルさんの嬉しいご厚意
    我が家は2階にリビングがあり、「長男が階段から転落する」ことと「犬のぷりんすが好きに1階に降りてしまう」ことを防止するために、株式会社リッチェルのゲートを設置しています。


    ところがある時、勢いよくゲートが閉まった衝撃で、制御プレートなる部品が割れてしまいました。


    ↓矢印の部分です。
    richell


    とりあえず接着剤でくっつけてみたものの、長男が体重を預けでもしたら、接着剤がはがれてそのまま…
    なんていうことにもなりかねません。


    そこで販売元のリッチェルさんに、ホームページの問い合わせフォームで、制御プレートだけを売ってもらえないか。しかも至急で発送してもらえないか。というお願いをしてみました。


    すると、入力しておいた奥さんに電話がかかり、
    通常、一つの部品だけの販売はしていないが、取り替えないと人命に危険が及ぶ可能性もあるので
    ということで、例外的ですが発送してもらえることになりました。
    しかも、翌日に届くように、電話をくれた日に発送の手配までしてくれました。


    階段の上という条件がなければ違ったと思いますが、通常はおこなっていないことをケースバイケースで対応してくれる会社、とてもイイですね。
    リッチェルさん、助かりました!


    ※重ねて言いますが、どんな条件でも対応してくれるとは限らないはずですので、「ジュンノスケには対応したのに、自分は対応してくれなかった」等のクレームに対しての責任は負いかねます。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/21 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言⑦ テラスハウスって…
    毎週金曜23時からフジテレビで放送されている「テラスハウス」という番組を、僕の奥さんは楽しみに見ています。


    僕はその頃、長男を寝かしつけるつもりが、毎日うっかり一緒に寝てしまっている時間帯なので、ほとんど見られません。
    ですので、後日になって、奥さんから前回の「テラスハウス」の話を聞くことがちょくちょくあります。


    さて本題ですが「テラスハウス」の話を僕と一緒に聞いていた長男が一言、


    「てらすはうす、だいわはうす、へーべるはうす」


    …テラスハウスはハウスメーカーじゃねぇ…。しかも、どこまで長男は旭化成が好きなんだ!?
    という、つっこみどころが発生しました。


    いろいろなパターンで言葉遊びを楽しむ長男、今後どういうパターンが発生するのかが楽しみです。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/20 07:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 緊急地震速報の誤報から考える その②
    東日本大震災が起きたあと、内閣府と東京都が、
    「被災直後の混乱を防ぎ救命・救助活動を優先するために被災者は原則3日間、企業などで待機する必要がある」
    「企業は従業員を事業所内にとどめることが望ましい」
    等の中間報告をまとめました。


    関東圏で大震災が発生した際、社員が会社にいる場合は3日間は帰宅しないようにすること。


    これって、絶対守らなければいけないのでしょうか。
    僕が会社にいるとき、家には奥さんと、長男と、犬のぷりんすしかいません。
    もし電話がつながらず、安否が確認できない中で、
    または、電話がつながったとしても、地震の影響で誰かが怪我をしていたら…


    それでも、一家の主は、3日という長い時間を会社で待機しなければならないのでしょうか。
    僕のかわりに、誰かが家族を守ってくれるのでしょうか。


    「企業は従業員を事業所内にとどめることが望ましい」
    では、事業所内にとどめず、帰宅させてもいい従業員の定義はどのようなものなのでしょうか。
    企業の裁量次第なのでしょうか。


    僕は、会社がどれだけ「ジュンノスケ、帰宅するな!」と命令したとしても、絶対に帰宅します。
    通れない道があって、どれだけ回り道をすることになっても。
    杓子定規(しゃくしじょうぎ)な決定には、全力で逆らいます。


    「3日は帰宅しない」の主旨は分かるのです。
    多数の人が道を歩くと救助活動の妨げになりますし、家にしか目を向けないと、すぐ近くで助けを求めている人の声が聞こえなくなるかも知れません。
    その時その時で決断しなければいけないことは数多くあると思います。
    ですが…


    僕の家族は、僕の家族だけのものですから。
    奥さんの安堵、長男の笑顔、ぷりんすのなつきは、家族だけのものですから。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/19 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 緊急地震速報の誤報から考える その①
    だいぶ日数が経過してしまいましたが、先日、緊急地震速報の誤報がありました。
    その時、僕は会社の廊下を歩いている最中でした。
    会社の性質上、スマホや携帯は事務所内に持ち込めないため、みんな廊下にあるロッカーにしまっています。


    そして、あの瞬間がやってきます。


    ぶいっぶいっぶいっぶいっ
     ぶいっぶいっぶいっぶいっ
      ぶいっぶいっぶいっぶいっ



    廊下中が、各ロッカーから鳴る緊急地震速報の「ぶいっぶいっ」の大音響です。
    鳴り始めたとき、あまりの意味不明さに、僕の頭がどうかしてしまったんじゃないかという気がしてしまいましたが、少ししてから、ようやくその音が何なのかを思い出しました。


    それから自分の携帯を確認。
    「奈良県で最大震度7…!」
    また関西で大震災?
    僕の会社の所在地、東京は揺れたのか?
    相模原市にある僕の家は?家族は?
    また、あの日のような(震災の日)ことになるのか?
    電話がつながらないので、奥さんにメールを打って、事務所の中へ。


    廊下で鳴った音に誰も気づいておらず、僕が同僚たちに「関西で大きな地震があったみたいですよ」と知らせて回りました。
    関西に親類がいる同僚が、慌てて廊下に向かいます。


    ところがそれは誤報で、後から同僚たちに「みんなを騒がせたから、顛末書(てんまつしょ)用意しなよ~」
    といった感じで冷やかされました。


    とんだ迷惑な話でしたが、大きな災害がなくてホッとしました。
    そこで、ふと思い出した話があります。


    つづく
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/18 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言⑥ どんな鳥?
    味の素CookDoシリーズに「ガリバタ鶏」というものがあります。
    とても美味しいです。

    ↓こういうパッケージです
    garibata


    長男、はじめのうちは「がりばたちきん」と言えていたのですが、次第に変化していき、やがて一言


    「がにまたちきん」


    ガニ股の鳥…何だか格好悪いですね。。。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/16 07:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言⑤ かわいい清原さん
    DMM.comのCMにローラさんと清原和博さんが出ていますね。


    長男がよくCM内のローラさんの真似をして
    「うーん…わかんないっ♪」
    と言うので、僕が清原さんの真似をして
    「わからへんのんかいっ!」と言って遊んでいます。


    やがて長男は、僕の手を借りずに、一人二役をやり始めました。
    まずはローラさんの真似「うーん…わかんないっ♪」
    そして清原さんの真似で「わからへんのんかいっ!」とドスをきかせて言うところを…


    「わからへんのんかいな~」


    2歳児の高い声と、「かいな~」の語尾で、凄みゼロの仕上がりになりました。
    奥さんも僕も脱力です。


    そして、こちらの脱力をよそに、長男は
    「♪でぃーえむえーむーどっとっこむ」
    と、最後までCMをやり切りました。


    長男なりに全力ですね。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/15 07:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 狂言のニュースから考える その②
    たとえば…


    ・親の理想が高く、子どもが日常体験する話、興味を持った話をしても、親が望む高尚(こうしょう)さのレベルに満たないため、取るに足らない会話という扱いを受け、話を聞いてもらえない。
    ・子どもが1つ、また1つとステップを踏んで、その都度できたことに喜びを感じているのに、親は100個先のステップに達することしか望んでいないため、1つ1つの達成にともなう実感をないがしろにされてしまう。
    ・常に正解や最短距離での成功にしか価値を置かれず、失敗や寄り道は無駄でしかないという価値観でのみ子どもが評価されている。


    子ども自身が自発的に「錦織選手のようなテニスプレーヤーになりたい」「ダルビッシュ投手のようなピッチャーになりたい」という夢を抱いて、親が心を鬼にするのであれば、構わないと思います。


    しかし、子どもがごく平穏に、平均的に、過ごそうとしている中で、親の思いが上記のように乖離(かいり)していて、子どもが生きる上での手ごたえやフィードバックを得る機会が極端に欠けるとしたら…


    それは、親にとっては、子どもに向けた思いや願いが非常に強いものであったとしても、子どもにとっては、放置されているのに近いくらい、満たされず、渇いてしまう日々なのではないでしょうか。
    その渇きが、「何とかして振り向いてほしい」「どうすれば振り向いてくれるだろうか」「何かみんなが驚くことでも起きればいいのかな」という考え、そして実行に連動してしまっても、不思議ではありません。


    親が目の前にいるはずなのに、強烈な濃い霧に覆われて、どこにいるのか見えない。
    親が目の前に見えているのに、触れようとすると、それは実体なくすり抜けてしまう。
    子どもにとって、これ以上おそろしいことは無いかもしれません。


    子どもが話したことを吸い込み、言葉を返す
    子どもが差し出した手を握り、温度を伝える
    子どもが向けた目線を受け止めて、ほほえみを返す
    子どもに得る権利がある、当たり前のことを、当たり前にやってあげたいなと思います。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/14 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 狂言のニュースから考える その①
    ときどき「児童が、家の外で不審者から何かしらの被害に遭った」という報道が流れ、その数日後に「実は児童の狂言で、実際は何も起きていない」という続報が流れるケースをちらほら見かけます。


    「どうして狂言なんて?」という問いに対して、児童は「親に心配してほしかったから」という返答をする場合があります。


    僕はそれを聞いて、はじめは「親に放置されていて、淋しかったのかな、つらかったのかな」と推測しました。
    話したことを聞いてもらえない、話せるような状況にない、話をしようにも親が帰ってこない、触れたくても触れさせてくれない、触れられる距離に親がいない…


    話を作ってでも、親に振り向いてほしい心情になるのかも知れません。


    逆に言うと、そんな大事(おおごと)でもなければ、親が振り向いてくれないのかも知れません。


    そんなことを考えるうち、まったく別のケースであっても、同様に狂言は起き得るのではないか、と思えてきました。


    つづく
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/13 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言④ かわいいね~の応酬
    ある日の長男、ふと何の前触れもなく一言

    「ぱぱかわいいね~ままかわいいね~」


    奥さんと僕は、長男が生まれてこのかたずっと、おりにふれて長男に「かわいいね~」と言い続けてきましたが、そのままのかたちで返してくれました。


    奥さんが「ママの何がかわいいの?」と聞くと、

    「まま、ちいさくてかわいいね~」
    (たしかに奥さんの身長は150センチ以下ですが、長男からすれば、だいぶ大きいはず…僕とくらべて小さいということでしょうか…)

    そして「パパの何がかわいいの?」と聞くと

    「ぱぱ、めがねかわいいね~」

    …付属品かっ!と、つっこみどころが発生。


    その後は、お互いを「かわいいね~」と褒めあう日々。
    プラスの言葉ですし、言い過ぎると調子に乗るような種類の言葉でもないですから、今後もじゃんじゃん「かわいいね~」の応酬を楽しみたいです。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/12 07:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 真似から、楽しく、身につける
    子どもは、親の言動・行動を真似るものですが、子どもが見ている前で、毎日習慣的にあらゆる掃除をしていると、


    ↓テーブルの上をウェットシートで拭いてくれたり
    hukihuki


    ↓ローラーで床をコロコロしてくれたり
    korokoro


    ↓果ては、ダイソンの掃除機を華麗に滑らせてくれたりします。
    dyson


    長男が、このままの調子でもっと大きくなったら、率先して家の掃除をやってくれたらいいなと思うのですが、今はただ、奥さんの動きを真似したり、ローラーや掃除機を自分で持ってみたいという程度で、近いうちに飽きてしまう気がします。


    大事なのは、掃除すると気分がよくなる、スッキリするから掃除したいな、という、掃除にまつわるプラスの実感を持ってもらうことでしょうか。


    現実的ではないですが、たとえば、ミュージカル的な動きで掃除機をかけてみるとか、長男の大好きなきゃりーぱみゅぱみゅさんの歌に合わせてローラーをコロコロしてみるとか、楽しく動いているうちに、掃除が習慣化したらいいですね。
    とは言ったものの、僕はあまり掃除が好きではなく、奥さんに任せっきりなので、あくまでアイディアレベルです。


    何にせよ、強制で身につけさせるのではなく、自然と身につくように、できるだけ工夫してあげたいと思います。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/10 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言③ きゃりーさん、改名?
    長男は、おもちゃのマイクを手に、日課レベルで毎日歌って踊って歌って踊るのですが、ある日のヘビーローテーションは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの「にんじゃりばんばん」です。


    はじめのうちは「♪あざやかにこいしてにんじゃりばんばん…」と歌えていたのですが、徐々に歌詞が変化していき、とうとう


    「♪あ、きゃみきゃみ こいしてにんじゃりばんばん…」


    になってしまいました。
    きゃりーさん、「きゃりーきゃみきゃみ」というネーミングはいかがでしょう?
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/09 07:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 山形からの贈り物
    奥さんの伯父さんが山形県に住んでいて、年に何回か、山形の味覚を贈ってくれます。


    それはお米(つや姫という品種です)だったり、南瓜(カボチャ)だったり、茄子(ナス)だったり、じゃがいもだったり…とにかく、たくさん贈ってくれますが、中でも我が家が最もときめくのが、メロンです。


    ↓絶品の贈り物を前に、素直に大喜びの長男
    メロンと野菜


    関東のスーパーで同じメロンを入手しようと思ったら、一体いくらなのか、値段を見るのが怖いです。


    長男の夕飯を食べる手が止まってしまっても、奥さんが「夕飯を全部食べたら~?」と聞くと、長男は目を輝かせて「メロンっ♪」と叫び、また夕飯を食べる手が進みます。


    そしてメロンを前にした長男。
    別腹に似た感じで、一つ一つを噛んで飲み込むのを待てないくらいの早さで、次々に口の中へ。
    最後は、メロン液の残った器をコップのように持って飲み干し、大人がビールを飲んだ時のように「アァ~」と吐息をもらします。
    ↓メロン液まで飲み干す長男
    メロン液まで飲み干す長男


    これを目の前で見たら、伯父さん喜ぶだろうな~と想像しつつ、長男が美味しさの感想をこれだけ表現できる素直さ、豊かさを損なわないように、大切に接していこうと思います。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/08 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言② 違いがわかる男
    長男は、小さな子にしては珍しく?ピーマンとナスを普通に「おいしい」と言って食べます。

    ある日の夕飯、奥さんが炒めたピーマンとナスを食べ、うんうんとうなずきながら一言
    「やっぱり、ちがうねぇ」

    …評論家?
    たしかに、ナスは山形に住んでいる奥さんの伯父さんが送ってくれたものなので、スーパーで買うナスより美味しいのですが、2歳7ヶ月にして、早くも「違いがわかる男 ♪ダバダ~」になってしまいました。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/07 07:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 弾丸エスカレーターツアー
    長男が必ず大泣きしてしまうケースがあって、それは、僕の家に遊びに来たお客さんが、帰るときです。
    ただそれは、お客さんが帰ってしまうから寂しいというわけではなく、お客さんが家の外に出る(お出かけをする)のに、自分はお出かけができなくて、うらやましい。
    という心境のように思えます。


    ある休日、奥さんの両親が遊びにきて、夕方に帰るとき、やはり長男は大泣きしました。
    しかし、泣き方が普段とくらべて尋常ではありません。
    そして、なかなか泣き止みません。
    どうすればいいかな…と考えた末、夕飯の支度がある奥さんは家に居てもらい、僕と長男で1時間だけ外に出ることにしました。


    短時間で、できるだけ長男が満足することといえば?
    車を走らせること15分、とあるニトリに到着。


    3階の屋上に駐車して店内へ。
    3階から2階、2階から1階を長男と一緒にエスカレーターで下降。
    1階から2階、2階から3階を長男と一緒にエスカレーターで上昇。
    そしてまた車へ。
    以上、家へ!


    他の子からしたら「これ、何が楽しいの?」と思うでしょう。
    ところが、長男はまずまず満足した様子。


    人が一定時間乗らないと、動きが止まる仕組みのエスカレーターは一部にありますが、とりわけその中でも、とあるニトリのエスカレーターは、人が近寄ったときに動き出す際の「グオォォォーン」という音が、高級車のエンジン音のようで、長男の興味をよりそそるようです。
    ↓とあるニトリのエスカレーターで、自分が昇っていくさまを見下ろす長男
    ニトリのエスカレーター



    それから、帰路にあるコープで買い物をして帰宅。
    奥さんに「にとりのえすかれーたーのった」と報告する長男。
    その後はゴキゲンで遊んでくれました。
    笑いのツボも、泣き止むツボも、人それぞれ。
    他の人が「何それ、変わってる~」と感じることであっても、そこは気にせずに、長男独自のツボをつんつん刺激してあげようと思います。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/06 07:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 長男の一言① レジ係おじぞうさん
    長男の、印象に残った一言を今後、時々?掲載します。

    休日に僕と長男の二人でオーケーというスーパーへ。
    家に帰って、出迎えた奥さんが長男に「どこ行ってきたの?」と聞くと「おーけーいった」と、まっとうな返事。
    しかしその直後、
    「おじぞうさんが、ピッてした」

    これは、スーパーへ行く道中に立っているおじぞうさんと、スーパーのレジで商品をピッてしている風景が、一言の中で混ざったようです。
    すました顔のおじぞうさんがレジに立って、野菜や調味料のバーコードをピッとやっている光景を想像して、奥さんと二人でムフムフ笑ってしまいました。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/05 07:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 創作童話その3 つながる、いのち によせて②
    もうひとつ、答えは話の中に含めなかったのですが、ユウスケくんが知らなかったことが話の中に2つ出てきます。


    一つは、柱時計がどのタイミングで「ぼーん ぼーん」という音を鳴らすのか。
    もう一つは、ナスとキュウリに割り箸をさして動物に見立てたものは一体何なのか。


    世代が上の方であれば、当然のようにご存知かと思いますが、今は親の世代であってもご存知の方が少なくなりつつあります。


    僕が子どもの頃、年に何回か、おばあちゃんの家に遊びに行っていましたが、おばあちゃんの家に柱時計がありました。
    午前中におばあちゃんの家に着いて、正午になると、柱時計が12回も「ぼーん ぼーん…」と鳴って大盛り上がりするのですが、正午を過ぎてしまうと、12時半、1時、1時半と3回続けて「ぼーん」1回しか鳴りません。
    柱時計のルール上それは当然のことで、家に柱時計またはハト時計のある方には何らの感慨もないと思いますが、家にそういう時計がなかった僕にとって、「ぼーん」と鳴る回数のギャップが楽しく思えた記憶が、今も残っています。


    子どもの頃、お盆の時期になると、割り箸をさしたナスとキュウリを家の前に置く世帯が、僕の家の周辺にいくつかありました。
    僕はそれを見て「そういう風習なんだな」と思っただけで、「どういう意味合いがあるんだろう?」という疑問はわきませんでした。
    (たまたま僕が仏教系の高校にかよっていて、授業に組み込まれていた仏教の時間に、初めてナスとキュウリがどういう意味を持つのかを知りました)


    僕のように「そういうものだ」とサラっと流してしまう子もいれば、ユウスケくんのように「これ、なんだろう?」と強く疑問に思う子もいるはずです。
    僕が子どもから疑問をぶつけられたとき、完全に知らないことであれば、決して知ったかぶりをせず、一緒に調べようと思います。
    一緒に調べて、「知る喜び」「理解する喜び」を共感したいです。
    調べて分かるものではない疑問をぶつけられたら、一緒に考えて、悩もうと思います。
    「パパは何でも知っている、理解している」と思うより、「パパでも知らないこと、考えても答えが出ないことは山ほどあって、今も勉強中なんだ」と思うほうが、見える背中を追いかけるようにして、何かを学ぶ動機づけが強まるのではないでしょうか。


    この話を通じて、生きること、生まれること、学ぶこと、受け継ぐこと、何かしらでも感じ取って頂けたら幸いです。



    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/03 07:00] 創作童話 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 創作童話その3 つながる、いのち によせて①
    僕が創作した童話「つながる、いのち」をご覧頂いた皆様(ご覧になっていない方は、よかったら是非)、ありがとうございます。


    この話には、いくつかのテーマがあります。
    ―人の子がそれぞれ、親を中心に、どのような願いをこめられて生まれてくるのか。


    子どものうちは、親の恩なんて、なかなかわからないものですよね。
    自分の子に、できうる限りの愛情を注ぎたい、持てる時間のすべてを子に捧げたい、そう強く願っても、家計の都合で夫婦共働きを余儀なくされたり、配偶者の勤務が苛烈すぎて家事から子育てを一人で背負わなければならなかったり、自分の子育て観を他人に邪魔されたり…理想どおりにいかないことが多いと思います。
    そうでなくても、ある年齢を過ぎたら、子どもは親の言うことを聞かないし、希望があまりに叶わないと癇癪(かんしゃく)を起こすし、叶ったら叶ったでわがままが度を超えていくし…「親の心子知らず」と一言で表現してしまうと簡単すぎますが、まあそういうことです。


    自分もそうですが、親がどういう努力を重ねて子が育つのかは、実際親になってからようやく身にしみて実感できました。
    身にしみて実感しなくても、人が子どもから大人に成長する過程で、ある程度気付く場面があると思います。
    それは決して、親が子どもに「これだけ面倒見てやった」と、これみよがしに言って聞かせることではありません。
    言葉で聞くものではなく、肌で感じるものです。
    「さあ、感謝しなさい」と思えば逆に感謝されませんし、「さあ、悪いと自覚して謝りなさい」と思えば逆に謝られません。


    ユウスケくんは、両親やおばあちゃんの声には耳を貸さないふうでしたが、おじいちゃんの声に対しては素直でした。
    おじいちゃんと同じ言葉をお父さんが言っても、おそらく効果はなかったでしょう。
    どういう言い方で、どういう行動で、子どもに物事を伝えるか、きょうだいであっても、性格の違いから、よりよい方法は異なるかも知れません。


    親の重要な課題ですね。


    あとがきその2へつづく
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/02 07:00] 創作童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 創作童話その3 つながる、いのち⑬

    「このナスとキュウリのおかげで、ユウスケくんとおじいちゃんはお話ができたのじゃよ。ほほほっ」と言った。

    「え…?おばあちゃん、そのこえ…」
     その声は、夜中に聞いた、おじいちゃんの声と似ている気がした。
    「ん?ああ、ちょっと、おじいちゃんのマネをしてみただけよ。ほほほっ」
    「ふうん…。あと、ナスとキュウリのおかげって、どういうこと?」
    「ユウスケくん、おばあちゃんに言われて分からなかったことは、お父さんとお母さんに聞いてみるといいわ」
    「え!おしえてくれないの?」
     おばあちゃんがいつにっこりするのか、ナスとキュウリが何なのか、壁にかかった時計が次に何回鳴るのか―
     昨日から今日、おばあちゃんが何度も何度も言ったとおり、本当に分からないことだらけだった。
    ―おまけに、分からないことを教えてくれないなんて…。
     ユウスケはくやしかった。
    「ねえ、ユウスケくん」おばあちゃんが、しゃがみこんで、ユウスケの目を見ながら言う。
    「なあに?」
    「分からないことがいっぱいあって、くやしかったでしょう。そうしたらね、ユウスケくんが知ったことを、きょう生まれた赤ちゃんが、ユウスケくんくらい大きくなったときに、同じように知らなかったら、ユウスケくんが教えてあげるの」
    「ぼくが、おしえるの?」
    「そうよ。ユウスケくん、お母さん、お父さんにかまってもらえなくて、さみしかったでしょう」
    「…うん」
    「ユウスケくんがさみしい思いをしたとき、お母さん、お父さんの笑顔に助けられたら、今度はユウスケくんが、赤ちゃんに笑顔を向けてあげるの。そうやって―」
     おばあちゃんは、とつぜんユウスケをぎゅうと抱きしめて、言った。
    「そうやって、命はつながっていくのよ」



    あとがきへつづく
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2013/08/01 07:00] 創作童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | ホーム |

    フリーエリアC

    ジュンノスケが時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。