スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • タンスのこやしならぬ、靴入れのこやしになってもいい長靴
    2月8日の大雪は
    大雪の庭


    こんな感じでしたが、14日の雪で
    2014/2/14の大雪
    ここまで積もってしまいました。


    先週まで、雪解けがほとんど進んでいなかったのですが、今週に入って、ようやく目に見えて雪の塊が日々縮んでいますね。
    家の周囲に雪が残っていると、家の中の温度も下がるそうです。
    買ったケーキの箱に保冷材を入れてもらうと、ケーキがゆるくならないのと同じように、家の周囲の雪は、家を冷やす保冷材の役割を果たしてしまうそうです。
    雪の痕跡がほとんどなくなった頃、長かった冬が終わりを告げるのでしょうね。


    さて、大雪のあと、家にスコップはあったので雪かきはできたのですが、長靴を持っていなかったので、ヒザ近くまで積もった雪の中、普通の靴で犬の散歩をしたり、雪かきをせざるを得ませんでした。
    気をつけていても、雪が靴の中に入って、靴下がビショビショになり、翌日になっても靴が乾いていないため、朝からさっそく靴下がぬれたりと、散々でした。


    そこで!
    先日、ネットで長靴を購入しました!
    家族3人の長靴


    僕と奥さんの長靴は、「激安靴の通販ヒラキ」のネットショップで、長男の長靴はおなじみのamazonで購入しました。
    僕と奥さんの長靴は、安い割にしっかりしていて、重宝しそうです。
    僕はその存在を今回初めて知ったのですが、「激安靴の通販ヒラキ」をご存じでなかったら、皆さんも一度訪問してみてはいかがでしょうか。


    とはいっても、次に長靴をはく機会は、いつになるのでしょうね。
    防災グッズのように、いざ買うと、使う機会がいっこうに訪れないのと同じでしょうか。
    長靴をはくということは、天候が荒れている、ということですので、今後ずっと長靴をはく機会が訪れなくても別に構わないかな、とも思いますが、もし必要が出てきたら、家族3人で仲良く長靴をはきたいと思います。


    ■訂正■
    上記で、僕と奥さんの長靴は「ヒラキ」で、と記載しましたが、正しくは僕の長靴だけが「ヒラキ」で、奥さんと長男の長靴がamazonの間違いでした。失礼しました。
    スポンサーサイト
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/27 00:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • ソチオリンピックが閉幕しました
    競技数がバンクーバーよりも増えたこともあり、見応えのある日々が続きましたね。
    先陣をきった、スロープスタイルの角野選手の映像が、遠い昔のことのように感じます。
    時差が5時間ということで、ある程度の競技を見られるのかと楽しみにしていたのですが、フィギュアやジャンプといった、僕が注目していた競技が、日本時間のちょうど夜中に実施されました。
    やっぱりオリンピックは、日本か、日本の近くか、オーストラリアあたりで開催されて、日中から夜にかけて、ライブでたっぷり観戦できるのがいいですね。
    2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)と、2020年の東京で、たて続けに絶好の時間に観戦できるので、今から楽しみです。


    ソチオリンピックの日本選手ですが、最も感動したのは、ジャンプの葛西選手です。
    リレハンメルの団体では、H選手のまさかの失速により金メダルが寸前で逃げていき、長野の団体メンバーから漏れてしまい、その後のスキー板の長さ規定の変更により、身長の低い日本選手にとっては長く厳しい戦いを強いられました。
    葛西選手は頬がこけるほどガリガリに減量してみたり、あらゆるフォームを試してみたり、同じく背の低いポーランドのアダム・マリシュという選手はその間も何故かW杯で勝ちまくって、「背が低くても強い選手は強いじゃん、一体何なの?」と日本ジャンプ陣に動揺が走ったり、今回のメダルに至るまで、様々な試行錯誤や葛藤を経て、ようやくたどり着いた道のりです。
    過去を知っているから、感動が生まれます。
    過去の記憶を重ねるかどうかで、スポーツに感動する人としない人が分岐するように思います。
    皆さんも、ソチオリンピックで目にしたことを、できるだけ記憶にとどめておいてほしいです。


    今回残念だったのは、メダルを獲れなかった選手に対して、ネット上で「国費で派遣してるのに、何やってんだ、金返せ」のようなバッシングが相次いだことです。
    もちろん、期待された選手が本来の力を発揮できなかったケースはとても残念でしたが、スノーボードのショーン・ホワイト選手や、フィギュアのリプニツカヤ選手のように、メダル有力と言われながら残念な結果に終わった選手は各国に山ほどいます。
    日本は、他のスポーツ先進国の何分の一程度の費用しか、国は捻出していません。
    それでも、8個のメダルを獲れるというのは、決して悪い結果ではありません。
    僕としては、もっともっと費用を捻出すべきと考えています。
    たとえば、日本の男子スノーボードハーフパイプの4選手は、全員実力のある選手です。
    もちろん選手ごとに大変な緊張感はあるでしょうが、「期待を一身に背負う重圧」は無かったと思います。
    費用をかけて育成が強化され、選手層に厚みが出てくれば、それだけ本来の実力を発揮しやすい状態になります。
    オランダのスピードスケートや、韓国のショートトラックや、ノルウェーのクロスカントリーといった「お家芸」が、日本に生まれることを期待します。


    スポーツから生まれる感動は、何物にも替えがたい、素晴らしいものです。
    おまけに経済効果もあり、多く捻出した費用も、ひょっとしたら回収できるかも知れません。
    結果がついてこなかった不満よりも、その地点まで到達した選手の努力の崇高さに、想いを向けてほしいと思います。


    長男には、まだ「日本の選手」といった概念はなく、フィギュアを見ては滑ったりくるくる回るマネをし、ジャンプを見ては「じょしじゃんぷ」と言ってジャンプしてみたり(なぜ『女子』ジャンプなのかは不明)、そんな程度ですが、そのうち、いろいろなスポーツを一緒に観戦して、そこから感動が得られるような素地を作るために、こっそりと少しずつ長男にレクチャーをしていこうと思います。


    最後になりましたが、ソチオリンピックは閉幕ですが、ソチパラリンピックはこれから始まります。
    どんな選手が出場するのか、まったく知らない状態ですが、これから情報を集めて、できるだけ応援しようと思います。
    がんばれ!
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/24 00:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(1) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 食べ物さん、ありがとう♪
    朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」では、様々な料理が映し出され、それを献立の参考にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


    僕も奥さんも、食事はとても大事なものと考えています。
    朝食を抜くことによる弊害が、いくらメディアで多く伝えられても、やはり朝食を抜いて学校や職場に行く人は、ある程度存在するようですね。
    僕はこれまで、よほどの大寝坊をしない限り、必ず朝食を食べて学校なり職場なりに行ってきましたし、これからもその習慣は変わりません。
    奥さんも同様なので、自然と長男への食事に対する姿勢も大切に考えています。


    我が家で実践していることは
    ・手を合わせて「いただきます」「ごちそうさまでした」の徹底
    ・食べたくなくても、すんなり「じゃあ終わり」では済まさない
    ・スプーンやフォークの作法は厳しく
    ・食後に用意していた果物やヨーグルトも、先に出した食事を完食しなければあげない
    ・全部きちんと食べられたら、しっかりほめる


    子どもは気まぐれなので、食べたり食べなかったり、まちまちなのですが、食が進まなくても「じゃあ終わり」にはしません。
    食が進まない原因は、具合が悪くて本当に食欲がない場合もあると思いますが、「やりたい遊びを中断するはめになったので、すねている」とか「何か別のことが気になって仕方ない」など、食べられるのに食べていないケースのほうが多いと思います。
    それで、ご飯が残っていても、簡単に食事をやめてしまうと、子どもの思うつぼです。


    だから我が家では、食べる手が止まっても、しばらくはご飯の椅子から下ろしません。
    はじめのうち、奥さんか僕がスプーンかフォークに食べ物をのせて長男の口の前まで持っていっても、かたくなに口を開こうとしなかったのが、そのままほうっておくと、やがて観念するのか、突然「ぼく、たべる!」と言ってバクバク食べ始め、しばらく手が止まっていたことがウソのように「おいしい!」と言ったりします。
    奥さんも毎食工夫をこらしているので、おいしくないはずがありません。
    大部分が、気まぐれなだけなのです。
    そして、時間がかかっても、全部食べたら、最後にはほめます。


    とにかく、食事がいかに大切なものかを、理解してほしいのです。
    この食事を食べるには、食材を作った人、食材を買うために働いた人、食材を調理した人の苦労がこもっているのだ、ということ。
    食事が、自分の体を育てていくこと。
    それを、少しずつでも、自分の中にしみこませてほしいのです。


    もちろん、毎食完食を絶対に目指すわけではありません。
    具合の悪い日もあります。
    どうしても食べたくない食材もあります。
    無理に食べさせすぎると、食事に対して悪いイメージが付着するので、程度問題だとは思います。


    長男が大きくなったとき、朝食は是が非でも食べたいという考えをもってくれたり、食事のバランスを自分で考えたり、食の大切さを誰かに教えたりと、自分が頂くものに対して感謝できる心を持ってほしいと願っています。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/21 00:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 忘れないこと、語り継ぐこと
    ここ、神奈川県相模原市の我が家周辺では、2/8に降った雪を壁際や庭の奥に追いやったものの、それがほとんど溶けないうちに、2/14の雪が重なって、今や各家屋の壁の前には、1メートル前後の雪の壁が、石像のようにドドンと設置されている状態です。
    近所の車用のサンルーフも、2箇所ほど崩壊していました。


    僕の職場は東京23区内なのですが、職場に近づくにつれて雪が減り、職場付近の壁に寄せられた雪はせいぜい10センチ程度といったところです。
    そこまで離れていないのに、どうしてこうも差が出るのでしょう。。。
    2/19から2/20にかけて、また雪の予報です。
    こんど大雪が降ったら、雪をどこによければいいのでしょう。。。
    豪雪地帯の方たちのご苦労から較べれば、大したことはないはずですが、不慣れな事態に見舞われると、本当に厄介です。


    さて、近所のスーパーの話ですが、2/8の大雪の前日、家の冷蔵庫に食料品が多くあるわけではないということで、夜にスーパーへ行ったのですが、僕が買うつもりだったパンと果物が全然ない!
    そして、2/14の前日も、僕は行っていないのですが、スーパーは同じような状態だったそうです。


    この現象、2011年の東日本大震災の教訓が、今も生きているように思えます。
    欲しいものを捜しにスーパーを何軒も巡ったこと、ガソリンを補給するためにサービスステーションに長蛇の列を作ったこと、「どこどこのスーパーにはまだ米が残っているらしい」という噂にすがりついたこと、それらの実際的な苦労が、有事のための備蓄につながったのでしょう。


    忘れない、ということは非常に大切です。
    語り継ぐ、ということも非常に大切です。


    震災が起きる前、津波の恐ろしさに対する認識は不足していました。
    地震大国と言われながら、30年以内に何十パーセントの確率で大地震に見舞われると言われながら、それでもどこか平和な気分でした。


    僕は長男へ、できる限りのことを伝えたいと思います。
    皆さんも、かつての出来事を知らない方たちに、できる限りのことを伝えていただきたいです。
    一人ひとりの心がけが、いつか起きるかも知れない悲しみを、少しでも減らす力になるはずです。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/18 07:30] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 反抗期という名の貴重な勉強
    3歳を迎える前に、とっくに終わっている子も多いかと思いますが、うちの長男は、現在反抗期まっただ中です。
    僕や、奥さんが
    「○○して」
    「○○に行こう」
    「○○って言って」
    「おいで」
    と言うと、
    長男は
    「○○しないの」
    「○○にいかないの」
    「○○っていわないの」
    「こないの」
    というふうに返してきます。


    急いでいる時に、何度も繰り返し言われると、さすがにだんだん苛立ってきますが、これまで、こちらが言ったことをただオウム返しのように言っていただけだったところ、上記のように、逆の言葉に変換して返すわけですから、保護者に逆らっているというよりは、言葉の勉強の一つの過程をたどっている、という気もしてきます。


    もしくは、保護者にとって好ましくない行動を子どもがとったとき、保護者は
    「○○しないの!」
    「○○に行かないの!」
    「○○って言わないの!」
    と叱るわけですが、保護者が禁止するときに使う言葉を、子どもは保護者の言うことを聞きたくない場面で転用しているだけかも知れない、とも思えます。


    保護者が思う以上に、子どもの言動・行動には、保護者や周囲の言動・行動が、深く関わっている気がします。
    しかし、保護者が好ましくないと感じる子どもの言動・行動の発端が、自分自身にあるのかも知れないと真っ向から受け止める思考は、僕を含め多くの方が無意識に避けていると思います。


    「子どもの好ましくない言動・行動の要因が自分自身にある=自分が悪い」
    という考えにはまりこんでしまうと、とても苦しいのですが、そこは、「自分自身と子どもが密接に通じ合っている」ととらえることもできますし、自身の言動・行動を見直すきっかけにしたり、「子どもが何を考えているか解らない!」という悩みに対して、少しでも光を当てることができるのではないかと思います。


    ※上記は、決して「子どもがどんな言動・行動をとっても、丸ごと受容しましょう」と言っているわけではありません。
    保護者や周囲の影響であるにせよ、よくないことはよくないと教えなければなりません。
    その際に、対立した構図でのみ躾(しつけ)をするのか、または、向き合ったり、横に並んだり、背中をつけ合わせたり、様々な構図で柔軟に躾をするのかが違ってくるのではないか、ということを言っています。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/15 17:30] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 第6回日本新薬こども文学賞に応募しました
    2月11日(火)、締切日にWEBから応募しました。
    WEBと郵送両方で受け付けている賞、郵送のみ受け付けている賞、WEBのみの賞、様々ですが、WEBで応募できると、本当に助かります。
    郵便に出すまでの手間が省けますし、郵便局の局員に「へぇ、あなた童話書いてるんですか~」と、いちいち感想を持たれているんじゃないか?という照れくささもないですから。
    WEB応募のシステムを構築するには、多少の投資が必要かと思いますが、応募のすそ野を広げる意味でも、まだ郵送のみの賞の担当の方、検討してみてはいかがでしょう?(←何様のつもりでしょうか…)


    さて、今回応募した作品を書いていて、自分は童話を通じて「世代間の伝承」もしくは「人間の成長」を主たるテーマにし、読んで下さっている方たちに伝えたいのだ、ということが分かってきました。
    それは同時に、自分の長男に対しての「僕自身が持っているものを余さず伝承したい」「長男が成長する様子を、できる限り丁寧に焼き付けたい」という想いとリンクします。
    奥さんと長男と犬(ミニチュアダックス)の暮らしを通して、話が生まれていることを実感していますし、これからも、生きることの同義として、作話を続けていきます。


    直近で、締切の近い公募がありません(原稿用紙数十枚~数百枚の公募ならあるのですが、パスです)ので、その間は、何の賞という意識ではなく、ただお話を作る作業にあたるつもりです。


    そして、
    ・この場を借りて、これまでに書いてきたお話の公開
    ・これまで公開したお話ごとにリンクを作り、読んで頂きやすくする作業
    ・お話のコンテストサイトへの挑戦
    も、併せて進めていきます。


    当ブログに訪問頂いているFC2ユーザーは、「子育て」または「ペット」をテーマにされている方が大半なのですが、特にこれまで童話に関心が無かった方にも、ご一読頂けたら幸いです。


    そして、同じ志を持って賞に挑戦していらっしゃる皆さん、これからも頑張りましょうね!
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/12 00:00] 童話について | トラックバック(0) | コメント(1) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 困難から生まれる絆
    多くの方がブログにしたためているとは思いますが、2/8(土)の雪はすごかったですね。
    我が家が位置する神奈川県相模原市が公式で積雪何センチなのかは知りませんが、我が家の庭は、僕のヒザがすっぽり隠れるくらい積もりました。
    大雪の庭


    風が強く、吹雪になったからか、我が家のベランダは、波が固まったような形状に積もりました。
    ↓波うつように積もる雪をながめる長男
    波うつ雪


    2/9(日)になって、あちこちの家の方たちが、雪かきを開始しました。
    隣家の家族は、自分の家の前のみならず、他の家の前の道までせっせと雪かきをして下さり、他の家から感謝の言葉を頂いていました。


    何事もなければ、ただひっそりと生活するだけのところ、大雪という障害を取り除こうと、各自ができる範囲で努力したことで、新たな交流が生まれました。


    以前、あるハウスメーカーのCMで、「育てにくい木を植えると、みんなが手をさしのべるようになる」というナレーションが流れていましたが、今回「そういうことなんだな」と再確認できました。


    今後、長男の行く手には様々な困難が待ち受けているでしょうが、それをチャンスととらえるか、はたまた、ただの面倒くさい邪魔者ととらえるか、その思考は、親の考え方が多分に影響すると思います。
    困難を、できるだけポジティブなかたちに変換する姿勢を子どもに見せて、実力はともかく、とにかく「やりぬく気持」を持ち続ける子に育てたいです。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/10 00:00] 子育て | トラックバック(1) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 無事って一体何なんだ
    ニュースを見ていて、気にかかる言い回しがあります。


    「○月○日から行方不明だった、○○県○○市の○○ ○○ちゃんが、きょう未明、『無事に』保護されました」
    そして、現場の状況、同時に容疑者が捕まったのであれば、容疑者の名前や写真、現場周辺の住人へのインタビュー「無事でよかったです」「これでひと安心です」といったような内容がセットで報道されるわけですが…


    「無事」って一体、何を指すのでしょうか。


    保護された方に、目立った外傷がないことから「無事」?
    生存を祈っていた親族のもとへ、保護された方の身柄が戻ってきたから「無事」?
    緊張が走っていた近隣に平穏がもたらされたから「無事」?


    保護された方とその親族がこの先歩む道は、「何事も無い道」なのでしょうか?


    捕まった容疑者は、おそらく何年かの刑期を終えたら、またシャバに戻ってきます。
    いま住んでいる家に、安心して住み続けられるでしょうか。
    周囲からの目線が、たいていは温かいものであっても、中には好奇の目で見られることもあるかも知れません。
    叱責の言葉を浴びせられるかも知れません。
    近隣には何も告げずに、夜逃げ同然で遠いどこかへ引っ越すことも考えると思います。


    仮に遠いどこかへ引っ越したとしても、公開捜査に踏み切った以上、保護された方の名前はあちこちに残ってしまいます。
    いつまでも、名前を記憶している人も、いるかも知れません。
    当事者としては、みんなに早く忘れてほしいのに、いつまでたっても当時の話を掘り返される息苦しさに、さいなまれるかも知れません。
    そうすると、家族全体で、名前を変えることも考えると思います。
    家族全体で、過去の経歴に手を加えることも考えると思います。


    笑いの絶えることのなかった家庭に、これまで無かったような重い沈黙が降りるかも知れません。
    何も悪いことをしていないのに、どうして逃げるように暮らさなければいけないのかと苛立つかも知れません。
    誰かと接するときに、記憶のふたが外れて、その都度苦しむかも知れません。
    得られるはずだった幸せが、自分の横を素通りしてしまうかも知れません。


    当事者の方たちには、できるだけ強い意志で、以前に近い状態で暮らしていってほしいと願います。
    しかし、完全に元通りというわけには、なかなかいかないと思います。


    そういう苦しい道が待ち受けているかも知れない方に対して「無事」という言葉は、非常に酷であるように思えます。
    もちろん限られた時間での報道ですから、文章は簡潔に、結論がしっかり出るように伝えなければいけません。
    ですので、決して報道に対して批判を展開しているわけではありません。


    注意しなければいけないのは、報道に触れた我々です。
    行方不明だった人が保護されました、戻ってきたから、よかったよかった一件落着、ではないのです。
    今後起きるかも知れない、当事者や家族や親族が苦しむ事件の芽を、我々一人一人が摘まなければいけない、ということです。


    近所で見かけた挙動不審な人物の顔を、今より少しでも強く記憶する。
    「あなたに対して警戒しています」という無言の意思を送る。
    近所や周辺どうしで積極的に挨拶するなどして、危険にさらされた方が、少しでも大きな声をあげられるように、こちらからも声をかけやすい状態にする。
    子どもが、精神的に孤立した状態にならないようにする。


    できることは、たくさんあると思います。
    報道に触れたとき、ただ単に聞く・読むだけでなく、そこから想像を働かせて、自身の思いや行動を見直すきっかけにしたいところです。


    それが、皆さんの大切な人を護る鍵になるかも知れません。
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/07 00:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 消費税増に負けてなるものか
    4月から、消費税が上がりますね。
    我が家の場合は、消費税だけでなく、長男が3歳になってしまったので、子ども手当が減額になりますし、軽自動車税は現在保有している場合は増税対象外になりましたが、いつどこで何を高く徴収されるか、油断なりませんね。


    3月くらいになると、「増税前に買っておこう」という駆け込み買いが発生しますが、何でもかんでも買えばいいというものじゃない、という記事も、ちらほら見かけます。


    モデルチェンジが激しいテレビやスマホは、増税後に売れなくなると、値崩れを起こして増税分よりも割引されて販売される可能性もあるようです。


    あと、僕がもし経営者だったら、衝動的な駆け込み買いがあることを見越して、3月になったら商品の値段をこっそりつり上げて、特需を狙います。
    ですので、もし「今すぐに必要ではないけれど、必ず使うもの」を買いだめしておこうというのであれば、今のうちから、値段の動向に注視しつつ買っておいたほうがいい気がします。
    僕もそろそろ、日用品が通常どおりの値段であれば、どんどん買いだめしておこうと思っています。


    子育てをされている世帯は特に家計のやりくりが大変ですが、皆さんも工夫して、
    少しでも家族の楽しみに還元できるように頑張りましょう!
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/05 00:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 第16回創作コンクール つばさ賞(童話部門)に応募しました
    ジュンノスケお得意の締切日応募の慣例を打ち破って、締切2日前の1/29(水)に応募完了しました。


    これまでで最も早く(締切日よりだいぶ前に)全体が書き上がり、これまでで最も多くの時間を推敲に費やしました。
    それくらい、この賞は、大きくて重要な賞だと思っています。


    今回感じたのは、推敲すればするほど、「作品と自分の距離感が適切になり、それでいて、作品が自分にとって大切なものになる」ということです。


    一気に書いて、そのまま(またはそれに近いレベルで)応募するのは、世間でよく言われる「真夜中に書いた恋文を、後でよくよく読み返してみると、とても恥ずかしい内容だった」というような、余分な熱を帯びた、自分の心と密接すぎる、「自分しか面白くない作品」になってしまいがちです。
    そこで時間を置いて、何度も何度も冷静に見直すうちに、「自分ではなく、読み手にとっての面白さ」が意識できるようになります。
    それでいて、手塩にかけたぶん、作品に対しての愛着も強くなる気がします。


    そういう作業が、そのまま良い結果への近道になる保証はないですが、今後の作品の書き方を考える上で、有意義な機会になりました。


    この賞に応募した皆さんに、よい結果がもたらされることをお祈りしております。
    今は、2/11締切の「第6回日本新薬こども文学賞」に向けて、作話中です。
    皆さん、今後とも頑張りましょう!
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2014/02/03 00:00] 童話について | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | ホーム |

    フリーエリアC

    ジュンノスケが時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。