長男、それは言っちゃダメです
「箸が転んでもおかしい年頃」とは、十代後半の年頃のお嬢ちゃんのことを指す慣用句ですが、箸が転んで本気で笑うのは、10歳以下の子ではないでしょうか。


自分の経験で思い出してみると…
■ファミコンのスーパーマリオブラザーズで、1-1面でいきなりBダッシュをしクリボーに突進して、そのままぶつかって
BGMが♪テレッテッテレッテッウッ    プ!テレッテテレッテテテンテテン…
となるだけで大笑い


■パソコンで「あ」と文字を打って、カーソルを「あ」の左に置いた状態でエンターキーを長押しすると、「あ」の文字が滝のごとく落下していって、文字通り「あ~~~」となるだけで大笑い


■懐かしの、シュワちゃんが両手にヤカンを持つCMで流れる「ちからこぶる」の声をラジカセで連続録音して、
ちからこぶる
ちからこぶる
ちからこぶる
ちからこぶる…
と連呼するだけで大笑い


そんな単純なことで大笑いするのは決して僕たちが子どもの頃のことだけではなく、世代を超えて長男にも脈々と受け継がれています。
長男とは週末に限ってですが一緒にお風呂に入っていて、僕は長男を笑わせることばかりを考えています。
先日、長男がお風呂で前触れなく
「パパ、クレヨンしんちゃんになって」
と、今まで一度も試したことのないフリをしてきたので、まあ似ていなくても別にいいやと思いつつ、
「おら、しんのすけだぁ」
と適当にマネをしてみたら、
「パパ、なんだかへんなしんちゃんだねぇ」
と大笑い。
ちょっと気をよくした僕は、長男をお風呂から出して奥さんに引き渡すまで、ずっとしんちゃんのマネをし続けました。
微妙なしんちゃんに大笑いする長男。
ところが、長男の体をタオルで拭いて、風呂場から出したときでした。長男が僕に向かって一言、
「ありがとう、またね、クレヨンしんちゃん役さん♪」
と言いました。


…なんだか、パパを両手で転がしている感満載なんですけど…
僕や奥さんを相手に色々なものの言い方を試して、外で幼稚園の友だちや先生に対して実践していく、そんな循環で、楽しくも、真剣にも、核心を突くも、人の心を動かすような言葉の使い方を覚えていってほしいなと思います。
スポンサーサイト
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[2015/12/04 00:00] 長男の一言 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • <<ラグビーでボケてみました | ホーム | 僕を惑わせる長男の誘惑>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://junnosukedouwa.blog.fc2.com/tb.php/376-0c37908f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |

    フリーエリアC

    ジュンノスケが時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR