人を育てるもの…千と千尋の神隠し―後編
※ジュンノスケの個人的な感想の話で、解説や評論ではありません。


「千と千尋の神隠し」の話の続きですが、子育ての目線で見ると、「決意と経験こそが人を育てる」というメッセージが強烈に込められていますね。
両親の口ぶりや態度から察するに、千尋に苦手な部分があっても、母親は「あーあ、おとうさんに似ちゃって…」と言い、父親は「お前がちゃんと見てないからだろ」とお互いに転嫁するなど、心のつながりが薄い接し方で育ってきた千尋。
橋を渡って油屋を目の前にしたとき、何をすればいいのか分からず、ただオロオロしていただけの千尋が、「お父さん、お母さん、必ず助けてみせるからね!」と決意しました。
湯婆婆(ゆばーば)の部屋に初めて入るとき、ドアをノックすることさえできなかった千尋が、銭婆(ぜにーば)の家に入るときには、すんなりと無理なく「失礼します」と言えました。
役立たずとののしられて数日、汚れた神様を先頭きって洗い流し、「よくやったよ!」と湯婆婆から手放しで褒められました。
血まみれになって苦しむハクを抱きしめ、母のように包みこみました。
自分が何者かわからず、金に群がる連中を次々呑みこんでいくカオナシに対してまったく異なる価値を気付かせ、結果的に銭婆を手伝う仕事まであっせんしました。


何年かかっても、人によっては一生かかっても巡り逢えない体験を数日で通過していった千尋、ただふて腐れていた女の子が、両親に再会したときには凛とした女性に成長したように見えました。


成長に大事なもの、それは決意にもとづいた経験です。
千尋に決意がなかったら、たとえ油屋で働けたとしても、重要な経験には巡り逢えずに一生両親とは再会できなかったでしょう。


決意した人には、意味のある経験となる出来事が自然と降ってきて、それをどんどん吸収していきます。
決意していない人には、どんな出来事が起きたとしても、反発するか逃げるかして、何も身につきません。


僕は長男に対して、漠然と「勉強しなさい」と言うつもりも、「夢を持ちなさい」と言うつもりもありません。
決意のないところに何かを強制しても、人生の燃料を無駄遣いするだけですし、夢は自発的に描くものだからです。
長男が将来の夢をはっきりと持ったときに、その決意を全面的に後押ししてあげたいと思います。
スポンサーサイト
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[2016/01/31 00:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • <<幼稚園のおゆうぎ会―長男年中さん篇 | ホーム | かなしみを…千と千尋の神隠し―前編>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://junnosukedouwa.blog.fc2.com/tb.php/385-f0ae1c79
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |

    フリーエリアC

    ジュンノスケが時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR