新電力…迷いますね…
2016年4月から電力小売自由化ということで、参入する企業が次々と料金プランを発表していますが、認可を受けている数十社の一覧を知らない僕は、料金プランを発表した会社が増えるのを目にするたびに、「え?こんな会社も参入?」と毎回驚いています。


大手の会社が料金プランを発表すると、それがニュースでも伝えられて、東電よりも数パーセントお得であるというふれこみです。
価格.comが料金を比較するサイトを立ち上げたと聞いて、訪問してみました。


そこで質問されるのが、
・自宅の郵便番号
・現在の東電の料金プラン
・現在のアンペア数
・世帯人数
・平日(月曜日~金曜日)の昼間にどなたか家にいますか。
・土日の昼間にどなたか家にいますか。
・各月の電気使用量、または、月の電気料金


上記を入力するか選択するかして、検索ボタンを押します。
すると、我が家の電気料金に対して、節約できる金額が大きい会社から順位形式で新電力の会社が紹介されるのですが…
「電気使用量」をに入力した場合に表示される、我が家の「電気料金」
または
「電気料金」を入力した場合に表示される、我が家の「電気使用量」どちらも
全然違う…これでは比較にならぬ!


それもそのはず、我が家は「エコキュート」という、深夜に1日分のお湯を沸かして日中は保温しておく給湯システムがあり、それに対応した「電化上手」という、深夜に使用した電力がとても安くなるプランに加入しているのですが、価格.comの質問には、せっかく東電の料金プランを尋ねる項目がありながら、昼間・夜間・深夜それぞれの電力使用量を尋ねる項目がないので、比較すべき我が家の電気使用量または電気料金が全然違って表示されるのですね。
それに対して、新電力会社のプランにも、東電の「電化上手」のような、エコキュート使用に特化したようなプランがないのか、調べれば調べるほど、東電よりはるかに割高な結果しか見えてきません。


ですので現状、使用した時間帯に関係なく、何キロワットアワー使用したから何円という従量課金を採用している世帯でないと、お得ではないようです。
ただ、これが我が家のある神奈川県で利用できる新電力会社には無いだけで、別の都道府県であれば柔軟なプランのある会社があるかも知れませんし、他の会社の出方をうかがっていた会社が満を持して魅力的なプランを打ち出してくる可能性もありますし、今後も時々チェックしようと思います。


東電もTポイントまたはPontaカードポイントがつくようですし、石油価格が下がっているので多少値下がりしていますし(6月に値上げすると公言していますが…)、ガソリン代は笑えるほど安いですし(近所の昭和シェル石油はリッター95円!です)あと、日銀のマイナス金利政策の恩恵で住宅ローン金利が下がる可能性があるようですし、雇用保険料は4月から?0.2パーセント下がることが決まったようですし、来年の消費税増税を前にして、少しでもお財布にやさしい1年になってほしいところです。


そうなってくれないと、2017年4月から小学校に通うことになる長男に、いいランドセルが買ってあげられませんから!
スポンサーサイト
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[2016/02/13 00:00] 関係ない話 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • <<黒鍵の魔術師―5歳1ヶ月長男の「きらきら星」 | ホーム | 幼稚園のおゆうぎ会―長男年中さん篇>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://junnosukedouwa.blog.fc2.com/tb.php/387-f6c09c01
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |

    フリーエリアC

    ジュンノスケが時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR