幼稚園のおんがく会―長男年中さん篇
2月の某平日に、長男がかよっている幼稚園の音楽発表会が行われました。
だいぶ前から会社には休むと公言していて、都合をつけるのは大変でしたが、何とか僕も行くことができました。


クラスごとに別々の曲が与えられて練習に励んだのですが、各クラスが何の曲を演奏するのかを発表されたのは本番のおよそ1ヶ月前だったそうです。
本番の日に音楽の講師から告げられたのですが、何ヶ月も前から同じ曲を練習し続けるとかえってダレてしまう、緊張を保ちながら徐々に上達していき、たどり着くピークが1ヶ月くらいだから、という理由だそうです。


長男のクラスに与えられた曲は…
シルヴィ・バルタンの「アイドルを探せ」という曲なのですが、

…この曲…


僕、知らないんですけど…
奥さんも、知らないんですけど…


そもそも、シルヴィ・バルタンって誰?
…絶対違うとは思うけど…
…バルタン星人?


調べてみると、シルヴィ・バルタンの、この歌

これは知ってました。
知っているどころか、何度も何度も聴いたことがあるあの曲じゃないですか!
この曲を歌っているのがシルヴィ・バルタンなのか!
初めて知りました。


長男のクラスは、大太鼓1人・ドラム1人・マリンバ1人・他は全員鍵盤ハーモニカという構成で、長男は鍵盤ハーモニカです。
(主旋律は先生2人がキーボードでリードします)
年中さんから幼稚園に入園した長男、やはり年少さんから入園していた子のほうが鍵盤ハーモニカ慣れしていたようで、遅れをとっていました。
しかし、ちょうど我が家に電子ピアノが来たところだったので、毎日毎日少しずつ練習して、みんなに追いつこうと努力しました。
発表会の寸前になった頃には、一部の子を追い越すくらい上達したようで、クラスの友達や担任の先生からも「うまいじゃん!」とビックリされるくらいになりました。


そして本番。
会場は、市役所の隣にあるホール。本気度マックスです。
保護者の方も本気で、これだけインフルエンザが流行している季節に、全員出席できたクラスが半分、多くても2人欠席にとどまるという驚異の出席率!
各担任の先生が自分のクラスの指揮者になるのですが、コンサートでピアニストが着るような白いヒラヒラのブラウスに黒のロングスカートといういでたち、やはり超本気です。


長男のクラスが最初だったのですが、長男はぼちぼち上手に演奏できたと思います。
というのも、17人で鍵盤ハーモニカを吹いたので音が聞き分けられなくて、長男の指の動きから、おそらく無難に演奏できただろうという推測しかできませんでした。
それよりも、担任の先生の指揮―
学校を卒業して赴任してきてまだ丸一年も経っていない21歳の冬、左手で大太鼓、右手でドラムやマリンバのリズムを必死に調整して曲の調和を保っていく、その背中に、僕も奥さんも思わず前のめりになって応援しました。
みんな!ちゃんと最後までやりきって!
曲が終わって、我々のほうを向いて一礼する先生、号泣です。
おそらく先生が想像していた以上にみんな頑張って演奏してくれたことで、とてつもないプレッシャーがくまなく解放されたのでしょうね。
僕が贈った拍手は、長男よりも、先生に向けての意味合いが強かったです。


1クラス1曲3分ほどの演奏で、この音楽会はどうして2時間もかかるのだろう?と思っていたのですが、演奏が終わったあと幕が降り、そこから講師をつとめる年配の男性の講話が…
長いのです…
シルヴィ・バルタンの話、そういった音楽のジャンルの起源、果ては先生の涙について「若い女性の涙、すばらしいですね」と、別にセクハラではないのですが、やや踏み込んだ話まで、慣れた口調でベラベラと話し続けます。
何でこんなに長いんだ、逆に2時間で収まるのか?と疑問がわいたのですが、その講師の男性の話が終わったあとに交代でスピーチする担任の先生、講師の長い話のおかげで号泣から立ち直り、涙まじりくらいでどうにか発言できるようになり、そして幕の内側ではその間に演奏するクラスが入れ替わって準備を進めており、おしゃべり大好きな講師の趣味半分、幼稚園側から何分くらい話してくれませんか?という要請半分といった感じでしょうか。


その後も、とにかく各打楽器のテンポを合わせるのに腐心した年少さん、そして年中さんよりも明らかに難易度の高い曲を、驚くほどの完成度でまとめあげた年長さん、子どもたちの頑張りもさることながら、ろくに話も聞かない、演奏する気もない、飽きたら教室から脱走してしまう子もいる中で、1つの曲を1つの作品として束ねたのは、何より先生方の努力の結晶です。
結局全クラス分、僕も奥さんも、みんながんばれ!最後までうまくまとまって!と前のめりになって祈り、終わった頃にはだいぶぐったりしてしまいました。
家からいちばん近い、というのが最大の理由で長男を託した幼稚園ですが、この音楽会を見て、長男を入園させてよかったなと今では確信をもって言うことができます。


年中さんの大きなイベントはこれで終わり、4月からは年長さんです。
長男はもちろんですが、僕が全員の名前を覚えた長男のクラスの子、そして少しは覚えた他のクラスの子たち、覚えていない全員も含めて、健全な成長を祈るばかりです。
スポンサーサイト
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[2016/02/29 00:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • <<相模きいろこ幼稚園 | ホーム | 黒犬のキキだかジジだか>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://junnosukedouwa.blog.fc2.com/tb.php/390-bdb588e0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |

    フリーエリアC

    ジュンノスケが時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR