パパママ辞典―その先にあるもの
幼稚園の年長さん生活、1週間が経過しました。
「○○組のきょうしつ、きにいったよ」
と言うので、知らない子とも打ち解けてきたのかなと思ったら、
「きょうしつが2階になったから、まどから見えるけしきがきれいなんだ~」
と肩透かしなコメントでした。
1人でも仲のいい友達ができるといいのですが。


最近の長男、
「○○って、どういう意味?」
と、よく聞いてきます。


「ぎゃく (逆)って、どういう意味?」
と聞かれれば、
「ぎゃくは、反対ってことだよ」
と一言で返せるのですが、


「げすいかん (下水管)って、どういう意味?」
と聞かれると、難易度がグググイと上昇します。
「キッチンで流した水、洗面所で流した水、お風呂場で流した水、トイレで流した水は、排水管っていう大きくて丸いつつ(筒)を通って、道路の下にあるもっと大きい筒に流れていくよ。これが下水管だよ。


こんな感じで説明するのですが、


「げすいかんの水は、どこへいくの?」
「下水管の水は、他のおうちが流した水とどんどん合わさって、げすいしょりじょう(下水処理場)に行くよ」
「げすいしょりじょうって、どういう意味?」
「下水処理場は、下水管を通ってきた汚れた水をきれいにして、海に…」
説明している言葉の中に、また長男の知らない単語が現れると、そこでまた質問が飛んできて、出口のなかなか見えない回廊にはまります。


そうやって、奥さんと僕が質問の応酬に答えていったからなのか、長男のセンスがすぐれているのか、両方なのかは分かりませんが、幼稚園の先生や近所の大人の方から、「お話が上手だね」とあちことで言われるようになりました。


ただ僕は、聞かれた単語の意味を説明してボキャブラリーを増やすこと以上に、大切なことがあると思っています。
大事なことは、どれだけ質問されても「うるさいな」とか「先生に聞きなよ」などと投げないことです。
自分の言葉で、できるだけ子どもに伝わるように考えて説明する、その姿勢で子どもに向き合うことそのものが、将来「粘り強く努力できる人」を形成するのだと思います。
もちろん、どんな時間、場合でも答えるべきだとは思いません。
自分に余裕があればきちんと答え、時間がないときは「時間がないから後でまた聞いてね」と言いつつ時間ができたら答えてあげるようにし、自分でも説明できるほど理解しきれていない言葉は「難しいから説明できないよ」ときちんと伝えておき、こっそり調べて説明ができるようになったら後から教えるようにしています。


知らないことを理解する楽しさを覚え、そして他人と真剣に向き合うことの大切さが伝われば、と思っています。
スポンサーサイト
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■kauli■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪   ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[2016/04/18 00:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(2) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • <<覚醒した色えんぴつ画伯 | ホーム | 4月は新しい章への移ろい>>
    コメント
    --承認待ちコメント--
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [2016/04/23 21:32] | # [ 編集 ]
    --承認待ちコメント--
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [2016/04/25 04:17] | # [ 編集 ]
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://junnosukedouwa.blog.fc2.com/tb.php/397-72f7506d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |

    フリーエリアC

    ジュンノスケが時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR