スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 幼稚園の日曜参観―長男年長さん篇
    少し前の日曜日、幼稚園の日曜参観に行ってきました。
    昨年の参観の様子は→幼稚園の参観日
    年長さん3クラスは階段をのぼった2階にあります。
    日頃、階段でケガをする子はいないかな?


    先日も書きましたが、長男のクラス20人中、年中さんも同じクラスだった子はたったの4人。
    教室に入ってみると、見たことのない子と保護者の方が大半。
    とても新鮮です。
    長男は僕と奥さんを見かけると、手を振ってニッコニコに。
    でも緊張しているのか、その笑いは、やや引きつっています。


    昨年は家族全体のゲームと、保護者がリレー形式で紙芝居の読み聞かせをやったのですが、今年は園児の制作を見学しました。
    一緒にゲームをするよりも、見学のほうが、園で普段どのように過ごしているかが見てとれるので、いいと思います。


    制作でクラスのみんなが作ってくれたのが、父の日のプレゼントです。
    長男作・ベルトやネクタイかけ
    筒のところにネクタイやベルトをかけられるようになっています。
    僕の似顔絵(鶴瓶さんではありません)の周辺に水色の四角い枠がありますが、これは鏡で、「ひげをそっているパパをかいた」そうです。
    僕が見える範囲の子達は、顔だけ、または顔と体を描いたのですが、鏡まで描いたのは長男だけです。ずいぶんとまあ、ひねってきましたね。。。


    制作が終わると、道具の片付け、トイレ、手洗い、着替えと帰り支度を進めました。
    が、、、
    長男の支度が…
    遅い…
    この動き…
    家と一緒…


    支度終了はビリではなかったのですが、目的に向かって爆進する子と、長男をはじめ途中でぼーっとしたり、よそ見が多い子とでは何倍もの時間的開きがありました。
    この日曜参観の4日後に先生と保護者の面談があったのですが、どんなことを担任の先生から言われたか…次回書きます。。。


    話は戻ります。
    支度をして、先生が絵本の読み聞かせをして、先生の伴奏で帰りの歌を歌って、解散となりました。
    絵本の読み聞かせでは、大体の子が静かに聞いていましたし、帰りの歌はみんなそろって元気よく歌っていました。
    とても平和なクラスという印象です。


    ひとつ、ちょっとしたトラブルがありました。
    長男と同じ班の女の子が、制作のときに、お父さんの似顔絵を貼る向きが上下反転してしまったのです。
    まだ糊が固まっていないうちに先生が気づいて「これ、曲がっちゃったから直そうか」と言って、一旦はがして正しい向きに貼り直してくれたのですが、その子はシクシクと泣き続けました。
    帰りの支度をする頃には泣き止んで、帰りの歌のときには仲のよい子と笑顔で話すほどになって、一件落着かと思いきや、解散した後に先生がフォローのためにその子へ話しかけに行ったら、また泣きが再開してしまいました。
    奥さんが先生に聞きたいことがあってしばらく待っていたのですが、泣きが止まらないので、あきらめて帰りました。


    その子は「パパのために、いいものを作るぞ!」と意気込んでいたのでしょう。
    ところが、
    失敗してしまったこと自体なのか、
    はがしていいと言わないうちに先生にはがされてしまったショックからなのか、
    ぜんぶ自分の手で作りきれなかった悔しさなのか、
    とにかく、想いが完全に達成されなかったことが残念だったのでしょう。


    子どもによっては「間違えちった~てへへ」で済む子もいるでしょうし、特にリアクションしない子もいるでしょうし、かんしゃくを起こす子もいるでしょう。
    これが、教育者という職業の難しさなのだなと痛感しました。


    僕はITという業界にいて「揺るぎない正解を作り上げる」ことがミッションですが、教育者は「人それぞれ、場合場合の『正解っぽいもの』を瞬間で見出して、差し出してみる」ことが仕事ですね。
    僕自身が親になった瞬間から、親の大変さが身にしみて解りましたが、今度は我が子を教育の現場に参加させてみて、先生という職業の難しさが伝わってきた気がします。


    長男の園での様子がわかっただけでなく、色々な意味で勉強になった有意義な参観になりました。


    次回は、上記でも触れた保護者面談の話題です。
    この面談、僕は奥さんについて行って、夫婦と先生の三者で面談してきました。
    とんだ親バカな父親です。
    では次回、ごきげんよう~
    スポンサーサイト
    ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村 ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
    [2016/06/20 00:00] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • <<幼稚園の保護者面談―しゃしゃり出た父親 | ホーム | 寝かせてくれない子と犬>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://junnosukedouwa.blog.fc2.com/tb.php/406-d22a05c3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |

    フリーエリアC

    じゅんまい本仕込が時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。