習い事を2つ始めています
4月に入って、長男はピアノを習い始めました。
小さい頃から音楽が大好きで、電子ピアノを買って以降、毎日のようにちょこちょこ弾いていました。
自分で覚えた曲の音を探す能力があるので、いくつかの曲が弾けるようになり、ついには自分で作曲までするようになりました。
作曲した2曲のタイトルですが、1つ目は―
「よるは くらい」です。
当たり前と言えば当たり前ですが、裏にある意味を探りたくもなるタイトルです。
そしてもう1つは―
「よかったり わるかったり」です。
「人生いろいろ」や「愛燦燦」の歌詞を想起させるタイトルですね。
縁あって、長男と同じ学年で同じ幼稚園から小学校に通う子のお母さんがピアノを教えていると知り、4月の頭から習い始めています。
家で毎日に近い頻度で20~30分くらい練習し、週1回のレッスンで練習の成果を先生に確認してもらいます。
毎週3~4曲くらいのハイペースでクリアし、先日早くも1冊目の本を終えてしまいました。
そこまではよかったのですが、少し壁に当たり始めています。
長男、あまり楽譜をしっかり見ずに弾いていたのです。
思い込みで楽譜とは違った運び(例えば、全音符なのに2分音符を2回とか)で何度も弾いてしまい、それに気付いた奥さんが「違ってるよ」と指摘しても、それがなかなか直らないのです。
おそらく学校のテストでも、問題文の途中で「こうだろうな」とひらめいてしまい、まんまと先生のワナにひっかかるタイプだと思います。
習い始めて2か月、そんな自我の強い長男と、「楽譜に忠実に」と言って聞かせる奥さんのピアノの「くんずほぐれつ」が続いていきます。
ピアノがんばろう!


もう1つは水泳です。
過去記事で書きましたが、僕はまったく泳げないばかりか、小学校1年のときは顔を水につけることすら怖かったほどでした。
かけっこであれば、遅くても走ることは走っています。
ですが水が怖いと、泳ぐ以前の問題なのです。
こんな思いを自分の子どもにさせたくない、絶対に水泳を習わせようと、僕は小学生の頃からずっと心に決めていました。
そして6月に入ってから水泳を習わせ始めました。
残念ながら僕に似てしまって、初回の体験教室では、一緒に受けた5人の中でいちばん下のクラスに振り分けられることになり、そのクラスの中でも長男がいちばん出来ないという有様です。
上達するまでに時間はかかりそうですが、長男は「もう行きたくない」などとは言わないので、気持ちがくじけないうちに、水の怖さを克服してほしいなと思います。
プールがんばろう!
スポンサーサイト
ランキングへのご協力、よろしくお願いします♪ にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村 ■忍者admax■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪     ■i-mobile■ クリックするだけで収益に! ポチして下さっている皆さん、いつもありがとうございます♪ 貴女の美肌をナビゲート!
[2017/06/15 23:16] 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | @
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • <<夏の風物詩 | ホーム | 小学校の運動会―長男1年生篇>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://junnosukedouwa.blog.fc2.com/tb.php/443-9711d17e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |

    フリーエリアC

    ジュンノスケが時々つぶやきます。よかったらフォローして下さい! ★忍者Admax★ クリックするだけで収益になるサービスです。 クリックして下さっている方、ありがとうございます♪

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    フリーエリアD

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR